内省タイム

自転車

久しぶりに自転車に乗った。

私は自転車に乗るのは好きだし、今の生活では移動にとても便利なのだが、
暑いのが苦手で、日焼けしたくないので、夏はもっぱらとなる。

ここのところ9月頭というのに、秋のような涼しさだし、今日は久しぶりに天気もいいので
2か月ぶりくらいだろうか、例年にしては早い解禁だが、思い出したように自転車を引っ張り出した。

そうしたら思い出す。この感じ。
この感じというのは、内省がグングン伸びやかに羽を広げる気持ち良さだ。

基本的に私は移動時間そのものが嫌いではない。

電車、バス、車、自転車、歩き、どれも自分の世界に浸る時間となる。

もちろんスマホを見たり、本を読んだり、情報収集、メッセージ処理、そういうこともする。

ただ他と比べて自転車は能動的には何もできない。

耳を使って音楽を聴いたり、ラジオを聞いたり、今はYouTubeやスタエフなどだってあるが、
それはそれでいいけど、何もせずただ景色が流れる中、
自分の思考が巡るのがとても気持ちがいい。

最近はウォーキング時間が頭がすっきりしていい時間だなぁと思っていたが、
この移動手段による景色の流れのスピードの違いというのは
それぞれに内省の働き方が何か違うような気がした。

それぞれに良さがある。

そのひとつの自転車が活躍するこれからの季節、なんだか楽しみになってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です