食べる、寝る、そして内省する私

今日はSDFカフェという、ストレングスファインダーについて学び合う会に参加した。

私がコーチングを学んだコーチングプレイスの代表でもありストレングスコーチでもある塙さん、
同じくコーチングプレイスの認定コーチ&ストレングスコーチの梓さん
のお二人が毎月開催して下さっている、ゆるく楽しく、とても心地の良い会である。

今日は参加者が自分の資質がどんな欲求ポイントと結びついているのか
そんな話をシェアし合った。

私のTOP資質である内省について話す時、よくこう言う。


それは、私にとっては食事や睡眠と同じくらい、
自分の生活の中に当たり前にあるもの、あるべきもので、
それがないと、栄養失調や睡眠不足の身体のようにしんどくなると。

要はそのくらい生理的欲求に近いものを感じる。

ただ不足もいけないが、多すぎても身体には良くない。

あまり内省につかり過ぎると、過食でお腹が苦しいように、寝すぎでボーっとしてしまうように、
どんなに大切でも、ただドツボにハマって上手く回らなくなることもよくわかっている。

そのためには、内省以外の資質が喜び、満足するよう、他の欲求を満たすことで
バランスが取るのが大切なのだなーということが、
みんなの話を聞いたり、自分が話したりしながら、腑に落ちてきた。

良く思うのだが、あまり刺激がない日常にいると、無駄に物を食べてしまう。
これって他の欲求が満たされない分、
食欲を満たすことで身体が満足しようとしているのではないか。

他に夢中になることがあると、食べることへの関心はその分弱まる。

睡眠だってそう。

そもそも私は眠ることが大好きで、寝ないと身体がもたない質だが、
それでも寝てばかりいて何もできないのは、それはそれでイヤだから
頑張って起き出して、やりたいことをやっている。

それでも日常の中でふと油断すると、いつだって内省の海を泳ぎ出す私。

したいからするとか、そういう問題ではないのだ。
気づいたら内省している。

だから正直、内省するためにどうしますか?とか
どう内省の時間を取りますか?どこでしますか?
とか聞かれると???となってしまったりする。

そんなこと考えて内省したことはたぶん今までない。

あえて言えば、内省に陥りやすい状況があるということくらいだ。

上位資質というのはきっとそういうものなのじゃないのかな。

何が言いたいのかよくわからなくなってきたが、
私の中の内省、それは生理欲求だ。

そういうことにしておこう。

食べる、寝る、そして内省する私” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です