5分だけやる作戦

「5分だけやる」

行動を起こすためのスモールステップとして効果的な手法だと思う。

そういえば、最初に「私が書く習慣を身に付けたい」ということを
コーチングのテーマに挙げた時のコーチが
「5分だけやってみるのはどうですか?」と5分書きを提案をしてくれて、
それ以来、私は書くことを少しずつだが、身につけていったのだった。

最近、また思い出したように、この5分だけ行動を意識してみている。

先日、キッチンの鍋整理に着手した時も5分だけでもいいと思って始めてみた。

それに今、FP3級取得に向けて勉強をしているのだが、
これも「5分だけでも教科書開こう」とか
「5分だけでもアプリの過去問を解こう」とか
そんな風に腰を上げるようにしている。

結局、5分で終わらず30分とか1時間とか気づけばもっとやっている時もある。
大成功!

でも、5分だけと言っても、いやいや5分じゃ絶対無理だから、と腰を上げにくいこともある。

そもそも全くわからないから調べないと始まらないことや、
どう始めたらいいかわからないから、考えないと!みたいな状況は
すでに大きな壁を感じてしまい、後で後で、と簡単に後回し事項になる。

そう、こういう事こそ、どうしよう?と思ったが


5分だけ、何でもいいからそのために時間確保をしてみることにした。

何でもいい。
ネット検索するとか、ただその事について考えるとか。

スルーしないで、とにかく意識を5分だけその事に向ける。
それだけでいいのだ。

その事柄を放っている訳ではなくて、5分だけ対処している。

考えたら、これは心の問題も一緒だ。

モヤモヤをなんとなくスルーしないで、あることを確認する。
無視はしない。

ちゃんと存在を認める。
それは何らかは対処している自分がいることになる。

意識してちょっとだけも、その事に目を向けると
動き出せることがきっと出てくるはずだ。

そうやって、未着手事項にほんの少しのエンジンをまずは回して
動き出す仕掛けを作ってみよう。

動き出し下手の私の苦肉の策とも言える。

しばらく、この作戦でやってみようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です