私を感じるために

私の中には二人の私がいる。

今日そんな風に見えた。

良いも悪いも関係ない素直な感情を持つ私。

だってそう思うんだもん。そう感じるんだもん。

理由なんてわからない。そうなんだから。

そんな自由奔放、勝手な私。

もう一人は、こうありたい、こうがいい、と目を輝かせている私。

または、こうあるべきでしょ、こうじゃなきゃ、となんかこれが正しいと信じている私。

後者の私が前者の私にどうもストップをかけているのか、

見ないふりをしているのか、、

私が私に目を向ける。

その意味を今私は、考えている。

いや、考えるから今の私なのか。

もっと感じることに集中しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。