私の細胞が喜んでいる

登山熱が高まっていると何度か書いている。

が、どうしてそんなに登山が楽しいの?と友人に聞かれた時、上手く答えられなかった。

登っている時は結構キツくて、ぜいぜいはぁはぁ。

足元を見るばかりで、周りの景色を楽しむ余裕はほとんどない。

疲れるし、汗はビッショリかいて気持ち悪いし、荷物だって重いし。

もちろん、山頂に着いたら、嬉しいし、途中含め、眼下に広がる景色を眺めるのは、めちゃくちゃ気持ちが良い。

そこで食べるご飯も美味しい。

でも、これだから山に登りたいんだよなー、というのとも何か違う。

敢えて言うならば、「何が」ではなく、登る行為そのもの、緑のシャワーを浴びている状態、山の中にいるということ、そのこと自体を身体の中の細胞が喜んでいる。

言葉でこれがと言えるものとは違うような。

そして、こうして理由も上手く言えないまま、それでも次また行きたくてウズウズしている。

こんな私の説明にも理解を示してくれた友人が、一緒に行きたいと言ってくれた。

ヤッター!嬉しい!!

という訳で、その友人とすり合わせ、8月の日程がとりあえず決まった。

行き先はこれから詰める。

暑い最中でも大丈夫そうな所はどこだろー。

身体が喜ぶ遠足!

とにかく、説明できないワクワクが私の身体を占めている。

これでいいのだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。