健全に怒る

なんか妙にカチンとくることがあった。

非常にくだらないことなのだけど。

ちょっとした人の言葉尻にムカムカムカ~ときた。

いつもの私は、そんなことに反応する自分がイヤになって、自分をなだめるか、罰するかという思考に走る。

でも今日は、そこを留まって、この自分の怒りの感情をしっかり受け止め、感じることに集中してみる。

何がそんなに腹立つのか、うまく説明できない。

なんてことない言葉だったし。なのに、、、、

何言ってるのか意味わかんない。その上、上から目線を感じる。

ばかにされてる感じ??

いいよ、いいよー。それでいいよー。

そう感じたんだったら、それでいいんだよ。

怒ってるんなら、思いっきり怒っちゃえ。

自分を煽るように、言葉をかける。

胃の辺りに大きい塊を感じる。苦しい。

そう、苦しいんだね。いやだなーって思ってるんだね。

ぜーんぶ、正直に話していいんだよ。

ぜーんぶ受け止めるよ。


そうやってみて、楽になるとか、うまくいったとか、そういうのでもないのだけど、

それでもこれは私のチャレンジ。

私が私にしっかり寄り添う。目を向ける。

私の課題なのだ。

やりながら思った。

健全に怒る。

感情そのものは健全なものだ。

なので、その怒りは健全なままに出してあげよう。

自分を受容する、自己一致につながることにきっとなるはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。