決めるということ

よく夢を描く時は具体的にとか、日付を決めましょう、とか言う。

書くと実現するということもよく言う。

そうらしい、そうなんだろうなーとは、ボワンといつも思ってはいる。

実際、気づいたら叶っていることは、私にもあるし、かと言って、首をブンブン振って同意できるほど体感はできていない。

ただ、今年入って思ったことがある。

「決めてしまえば、できる」

単純なことだ。

決めるか決めないか、ただそれだけなんだ。

夢を描く時、それを心に決めているかどうか。

それは意識的にではなくて無意識にでも決まっていれば大丈夫。

ただ意識では決めても、無意識では否定している場合もきっとある。

この話をするとややこしくなってしまうので、今は簡単な方だけ。

去年から私はFP試験を受けると決めた。

その試験が今年、3級2級とあった。

これは私は受ける、受かると決めていた。そしてその通りになった。

そして簿記3級も同様に決めて受かった。

次は簿記2級も決めている。

これはなぜか私は決めたのだ。そしてそれは揺らいではいない。

別に揺らいだっていいのだ。だってやめることだって決めることだから。

ドンドン夢を叶えていく人を羨ましいと思っていた。

正直今だってそう思っている。

でもそれは決めているから叶えているんだ。

そう、なんか腹落ちした。

私も決めたことは叶えられる。それがわかったから。

それがホンの小さなことだったとしても。

あとは何を決めるかだけ。

その「あと」「これから」をどうしたいか、それをいつも決められずにいるから

前に進めないという感覚の中にある。

でも「決めればできる」

それがわかった。

そんなちょっとしたことが私にとっての前進だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。