私にたどり着く旅

いつから始まったのだろう。

私は自分がどうしていきたいのか、何をやりたいのか、自分自身が充実感を得たい、そう思っていた。

そこの周りをずっとグルグル歩き続けていても、どうにもどこかに辿り着けるのかわからず途方にくれていた。

コーチングを学んで、そうか自己承認か、と思った。

ここ2、3年はそれがテーマにずっとあった。

人へのコーチングより、まず自分自身から始めないと何にもならないと思った。

結局のところ、自己承認と言っても、その自分が自分で掴めていない。

そこに辿り着こうとしても、モヤモヤモヤ、とわからなくなっていく。

それを昨年秋、受講していたコンパッション講座の主催者の心理士の先生から、見事に指摘された。

どういう言い方だったかは、もう説明できないけれど、要は私のアイデンティティが確立していない。私は自らいつも自分自身に向き合うことをかわして逃げていく、そんなようなことだった。

確かに、私の思いを言葉にして私を見つけたい、このブログもそう思って始めた。

なのに、なのに、やはり一向にそこに辿り着く気がしない。

あれから、私はその先生のカウンセリングを受けることにした。

今はまだ序章でしかない。

自分が自分から逃げてかわしていく。あまりにも私にとって無意識になされることで、その事実に気づけず毎度混乱している。

それでも最近、かすかに薄らと、こういうこと?そういうこと?と感じる要素は出てきている。

自分を見つける、掴みとる。

今はその旅の途中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。