私が決断する私

「生きるとは決断の連続だ」
とはよく言うと思う。

決断する機会はいくらでもある。

今日何食べよう?何着よう?という日常の小さな決断。

そして、進路を決める、住む場所を決める、仕事を決める、など、
人生でのそれなりの大きな決断。

色んな決断はあるけれど、実際の私はどれだけ決断をしたのだろうか。

何らかの決断があって今があるのだろうけれど、
かと言って、決めた!と言えるほど、自分の意志を確認したかはわからない。

いや、わからないではなく、もっと何となく、こんな感じ??で
自分の意志というよりは、世の中にこれなら沿うであろう、
いらぬ空気を読んで、空気を読むことでしか、決断できなかったように思う。

なんか他人事のような、自分の決断とは少し離れたところにあるもの。

それが、私が自分を生きているという感覚の欠如に繋がっているのだと
ようやくわかってきた。

こんなこと何度も聞いているような気がするけれど、
何週も廻ってまた今ここに。

中でも一番わかりやすいのが、何にお金を払うか、ではないだろうか。

どういうお金を使うのか。

それだって、払いやすい金額、払いなれたものには、使うけれど、
いざという、本当は欲しいものに使えないということもある。

それは、ちゃんと決断してこなかったことの代償といえるかもしれない。

目の前にいくらでもある決断すること。

ちゃんと向き合っていこう。

今、改めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。