家にいるけど外仕様

在宅ワーク生活になって、2年半ほど。

コロナになる前から、私の生活は切り替わった。

そこにコロナ禍に突入したこともあり、家中心の生活にどっぷり浸かることとなった。


が、予想に反して私の他人との交流は、おそらく以前より増えた。

仕事同様、たまたまコロナ禍以前に始めたオンラインコーチングスクール、コミュニティへの参加。

それ以来、オンラインでの講座参加、イベント参加、交流というものが
どんどん増えていった。

この今のご時世というのが拍車をかけているのも確かだ。

私にとっては、家にいようとも人とも触れ合い、刺激も頂けて、
とても良い環境が整っている。

ただふと、いわゆるデジタル疲弊というか、いまや情報が多くて
私たちが、これまでになく脳や神経が疲れているように、
人との交流も恩恵がある反面、家にいながらも外仕様の自分というか、
神経的な部分で見えない疲労が塵積もっているように思った。

私は、いわゆるHSP気質も持ち合わせているし、
そもそも疲労しやすい。

触れ合う人だって、参加している場だって、間違いなく良い環境。

それはそれとして、自分を癒す、ひとりリラックスする時間を
人一倍必要としている自分にもっと気づいてあげよう。

そう、目を向けないと上手くいっていると思ってしまう。

上手くいっていても、疲れは溜まるのだ。

なんかそんなことを今日は頭をよぎったのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。