ただ聞いてもらうこと

コーチングでは、ゴール設定、現状確認、現状と理想の間からの選択肢の洗い出し、ゴールに向けての今できる行動確認、ざっとこんな風に行動に落とし込む型がある。

元々私はこの型があまり得意ではないし、好きでもない。

人ってそんな簡単に型にハマれるわけじゃないし、などと思ってしまう。

もちろん、型が大切であることはわかっている。

最近は特に、私がクライアントとして受ける立場としても、この型から外れて、ただ話を聞いてもらうことが多い。

今の私の現状。どういうことがあって、どんな気持ちで、これからどうしようとしているか。

そんなことをただただ聞いてもらう。

それで何か結論が出るとか、特別何か気づきがあるでもない。

ただ自分の中を話すことで、自分を俯瞰しているのかもしれない。

ただ話を聞いてもらうだけ、私の現状を知っていてもらうだけ、それだけで何か心が落ち着くというか、満足というのか。

人は1人ではいられない。

繋がりがあることで、自律神経も安定するということも聞いた。

特に何か目標設定などしなくとも、そういう安全地帯で充足させる場があることで、自然と人は動き出せる力を持っている。

やりたいようにやりたい事を始められる。

目標設定を否定したい訳ではない。

ただ、今の私には、その前の安心感、充足感が必要なのだなぁと、今朝、コーチ仲間に話をただただ聞いてもらって思ったのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。