小さい私と大きい私

私の中には小さいMaiちゃんがいる。

その子はずーっと私の中にいて、小さいままどうも成長していないようだ。

世の中は少し怖い。いつも外の外界の様子を伺っている。

小さい時からずっとそうだった。

みんなは元気で楽しそうで、それを見て、そのようにするものなんだと思い、
みんなを見習いマネするようにしていた。

いつもお手本を探していた。

そうしながらもやっぱりドキドキ、ビクビクしている。

でも人はそうではないから、そういう自分は、恥ずかしいと思っている。

だから私も元気に楽しく振る舞う。

どれだけ上手に出来たかはわからない。

でも大人になるにつれて、上達はしていったと思う。

今では、けっこう相当上手にやっているはずだ。

でもドキドキ、ビクビクするMaiちゃんはずっといる。

その子がいることをバレないようにと、その子をかばうように過ごす。

その子は私の奥の奥のポケットの奥に隠している。

なんとなく、感覚としてはわかっていたけれど、
ようやく最近、この私の状況、状態をこのように言語化できるようになった。

今気をつけていることは、
その小さいMaiちゃんを、隠すのではなく、私はちゃんとその存在を感じてあげること。

そして、こわがっているMaiちゃんに「大丈夫だよ」と声をかけて
しっかり手を繋いであげる。

「一人じゃないよ。怖い気持ちを教えてくれてありがとう。そのまんまでいいんだよ。」

守っている、がんばっている私はどんな私なんだろう。

私は私を理解する。その道の上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。