しっくりくる自分ってなんだ?

私はもともと大人しく目立たない子だったと思う。

3月生まれが関係していたのかわからないが、周りの子達が言うことがあまりよくわからないまま、ただ付いていったり、なんとなくマネをしてみたりしていた記憶がある。

そんな私が小学校高学年くらいから、何となく居場所を見出すように、自分を出していくようになった。

そしてなぜか学級委員をやったり、生徒会などもやるようになった。

小学校でも中学校でも。

振り返って不思議でならない。

決して自分に合っていたとは思えない。

リーダシップを取れるタイプでは全くなく、友人たちの間でもどうしたって頼りなく妹的な立ち回りだった。

高校のときはバレー部でこれまたなぜかキャプテンをやることになった。

これだって全く相応しくないのに、なぜか先生に指名され、周りの先輩や友人達も驚いていたくらいだった。

こういう自分の過去の経歴の自分とのマッチ感のなさ。

なんなんだろう。

勝手に背伸びをしていたのか。

ちょっと無理して頑張っていたのか。

偽りの自分だったのか?というと、それも何か違う。

自分らしい自分って何だろう。

しっくりくる自分って何だろう。

それを感じきれずにきたのが、今の私に至るということなんだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。