仲間の背中

今日は昨年からこの春にかけてNLPを一緒に学んだ友人2人と久しぶりにご飯会。

それぞれの近況報告を聞き、しっかり着実に前進している姿を確認。

学んだNLPをしっかりものにしてるんだよなー。

それに比べて私は、どうなのだろう?

と、またついつい卑屈な自分が顔を出してしまう。

いやいや、私は私に必要なことをやっている。

そう、なだめ返す。

「周りの人が前進し成功していっているってことは、自分もそれが出来るという証拠。環境は自分が反映されたものなのだから。」

この言葉はNLPの講座の中で先生が言っていたことだ。

こんな気持ちになる時、いつも思い出す。

そう、素敵な姿をすぐそばで見せてくれる仲間がいる。

それだけでも有難いし、刺激をもらい、パワーをもらってるんだ。

この環境、欲しかったものを手に入れている。

大丈夫。上手くいってるよ。

そう、声をかけ直そう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。