僅かな基準の変化によって

2年ほど前にホットクックを購入したものの、あまり使いこなせていなかった。

それが最近、以前より使用頻度が高まってきた。

何でだろう?と考えてみたところ、

結局、料理に対する自分の基準が下がったというのが、一番当たっている。

私の周りではホットクックの評価が高いように感じていたが、どうしてもピンとはこなかった。

料理の労力って、切ることと片付けること、そして献立を考える、買い物する、そういう前後の大変さに尽きると思う。

火にかけるところってそんなでもないような。

それにホットクックの仕上がりが、イマイチだなぁと思っていた。

そう、料理はこういうもの、作るなら美味しいもの。

私なりの当たり前があった。

今はそれが、手放したくて仕方なくなっている。

そうなると、わずかでも労力少なく、仕上がりもそこそこでも全然許せる。

そこそこったって十分美味しく食べられる。

僅かな基準の変化がもたらすもの。

意識と行動の変化。

僅かな変化とはいえ、その基準をこれまでは、執拗に握りしめていたように感じる。

こういう何でもない変化がとても興味深い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。