言葉と行動と本音

「人はやりたいことって黙っていてもやってると思うんだよね。

やらないってことには、きっとやらないだけの理由があるはず。」

友人が放った言葉が、心に残っている。

確かにそうだよね。

自分を振り返ったってそう。

やりたいって言いながらやらないことっていっぱいあって、できない理由を挙げられたり、挙げられなかったり、それも色々。

「人は何を話すかよりもどう行動しているかで、その人がわかる」

そんな風にも言う。

何をしているか、それがその人を表す。

それはその人が選択していることだから。

自分でやりたいって言ってたって、無意識が止めていたらやらないし、できない。

逆にやりたくないって言いながらやっていることだってある。

自分の本音に自分自身が気づけないことはたくさんある。

どう言おうが、人がやっていること、選択していることは、それはそれで尊重すれば良い。

ついつい、お節介になったり、深読みして、何かしてあげないと、勝手に思ってしまうことがあるが、

それって、相手を信じていないこととも言えるんだよな。

自分に対しても他人に対しても、響く先の友人の言葉。

しばらく内省は続きそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。