当たり前の感覚を紐解く

私は育った家、家族は、基本的にあまり自己主張が強い方ではない。

父と母は仲が良かったというのとは決して違う。

父は母に対しよく文句を言っていた。

それに対し、母は決して言い返さない。

ただ我慢してスルーする。

一度だけ、母が言い返したのを覚えている。

一度だけだったから、とても印象的に。

なんと言う言葉だったか正確ではないが、

「あなたはいつもそうやって私を責める、、、」

そんなだったかな。

感情的な言葉が出て、その言葉を聞いたら父は黙ってしまった。

普段、口答えしない母が、感情的になって声を上げたから、

父としてもそれ以上何も言えなくなってしまったのかもしれない。

母は我慢をしていたが、なんだかんだ受け流し、父の言葉は、母にはあまり届いていなかったように思う。

文句を言いながらも、結局は父も我慢をしていた。

我慢をする。

そんな空気感がウチにはあった。

その空気は私の内に内に知らないうちにすっかり入り込んでいる。

相手が、周りの人が上手くいくためには、気持ち良くいるためにはどこか我慢することを優先する。

もしくは誰かが我慢していたらイヤだ、可哀そうだ。そんな気持ちがいつも働く。

自分の奥にある、居座っている、当たり前になっている感覚。

昨日、NLPの先輩から声をかけて頂き、マインドブロックを外すエネルギーワークのモニターをさせてもらった。

そうしたら、そんな状況が浮かび上がってきた。

ひとつひとつ紐解く作業。

そして手放す作業。

一歩一歩進めていこう。

自分にそう声をかける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。