FP勉強して良かったことって?

「FPの勉強をしてみてどう?お金の不安を解消できた?」

友人にそんな風に聞かれた。

うーん。お金の不安は勉強したからって、すぐ解消できたわけではないな。

良かったことはなんだろう。私が得たことは?

なんかこれ、書いたことある気がするけど、
まあもう一度考えてみよう。

お金の問題にちゃんと逃げずに向き合おうと思えるようになった。

これが一番の収穫だろうか。

今までだったら、

「そういうのわかんないんだよねー。どうしたものかなー。」って


考えないとというプレッシャーだけはあるものの、実際は超逃げ腰。

今はよくわからないと思っても、逃げたくない。

自分に「FP勉強したんでしょ。それでいいの?」

と言いたくなる。

あれ、なんか相変わらず自分にムチ打つなー私。

ムチはあまり打たないように気をつけなくちゃ。

いずれにしても、勉強したのに、またおんなじ’わからない’では、ちょっと悔しい。

何とかしようと思う。

それに、勉強したものと繋がるものは何か?ということも考える。

やったことがどう自分の人生に活用できるのだろうかと。

それはまだ全然ボンヤリしているだけなのだけど、
それでもそのためのアンテナは立てるようになっていると思う。

ニュースを見ていても、年金がどうたら、、とか、金利がどうたら、、とか
耳に入るとピッと反応する私がいる。

まあ、そんな程度なわけだが、これだって私にとっては立派な進歩なのである。

あと、試験の問題って言葉が難しかったり、言い回しがややこしくて、
相当イラつくか、逆に頭に入らず眠くなるものばかりだったのだけど、
よく考えたら、世の中のお金に関することやら法律やら、そういう実は大事なことって、
実際、そんな解読不明と思ってしまうような言葉の羅列だらけなものだ。

そう思ったら、試験勉強のためだけじゃないよねーって心から思えた。

そういうものを解読し理解し、対応する力を持っているって生きる上ですごく大切だ。



今のところただ勉強しただけで、何にもなってない私だが、
(しかも、まだ結果も出てもいない 笑)
こんな風に、良かったことを考えたら、なんか嬉しくなってきた。

うんうん、まだ何ものにもなっていなくたって、見える成果はなくても
ちゃんと得ているものはあるよ。

やったことに無駄はないから。

なんか自分で自分に励まされたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。