Tの発音攻略中

月に1回、ボイストレーナーでコーチ仲間でもあるたむさんから
洋楽を使っての英語の発音レッスンを受けている。

今日から新しい曲(曲は古いけどね)”time after time”

ちなみに曲は自分で歌いたい曲を選ぶスタイルだ。

「これはT攻略曲ですね」とたむさん。

確かに!!

とりあえず、1回歌ってみて、リズム等の確認。

大抵というか、いつも最初はボロボロだ。

だってそもそも歌ったことないし、英語力はもちろんのこと
リズム感だって私はてんでないのだ。

まあ、それでも最初に比べたら、まだ少しは良くなったなぁと思う。

地味にでも進歩している自分を褒めてあげよう。

そして、キーになるtime after timeの発音練習となった。

timeの発音ってこんなに難しかったんだっけ???

昨年、「英語耳」の本を使って、子音や母音のレッスンもしてもらった中で
tの発音もやったので、とりあえずはわかっていたはず。

なのに、えー-というほどできない。

ひたすら

tttttttttttttttttt

time time time time time time time

time after time time after time time after time time after time time after time

呪文のように発音し続けた。

やっているうちに自分でも可笑しくなって吹き出してしまうほど、相当滑稽な状況だが、
なかなかtの空気音を含んだ発音というのが単語やフレーズになると、上手くできない。

発音はひたすら反復練習だとは聞いてはいるが、本当にその通りで素振りをやっているような気分になる。

以前、同じくシンディローパーの”true colors"を練習曲としてやったのだが、
その時もなかなかの発音練習ができる曲だった。

彼女の曲自体、とっても良いから選んだだけで、たまたまだけど、
発音練習の良い題材になるんだなぁ。

難しいけれど、それだけにやりがいがあって、それはそれでいい。

毎度、この発音レッスンの後は、爽快な疲れと、楽しくやる気がみなぎってきってくる。

しばらくはT攻略に努め、time、、 time after timeとぶつぶつと
言い続けることになりそうだ。

楽しくがんばろー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。