京都銭湯、万歳!!

京都は学生街だからなのか、銭湯文化がなぜか根付いているようだ。

ここ2,3年サウナにハマった夫が、帰省の際に近くの銭湯に行くようになった。

京都は銭湯代450円がサウナ代込みとなっている。

東京では別料金になり、ウチの近所ではサウナをつけると1000円くらいになる。

それだけでも違うのだが、サウナの温度が熱いのがさらに良いと夫は絶賛していた。

実家の近所の徒歩圏に2件の銭湯があり、前回の年末の帰省の際に
そのうちの1件の「五香湯」という銭湯には行ってみた。

TVのサウナドラマ「サ道」でも、原田泰三が訪れていた銭湯で、
それなりにサウナーには有名の所のようだ。

その時はふーん、こんな感じかーとそれなりに満足だった。

そしてもう1件あるのが「白山湯」という銭湯。

これはこれで、なかなかサウナーには全国的に有名らしいと夫は言う。

前回は実は生理になってしまい、1件止まりだったので、
今度こそと行ってきた。

その感想。

サイコー!!!!

確かに最近、私もサウナに入ることが気持ち良いと感じるようになったのだが、
サイコーとまで思ったことは正直なかった。

何が違うのか?

ちゃんと説明しきれないのだが、一言で言うと「水風呂」

そう、ここを良いと言うのは、水風呂なのだ。

天然地下水がライオンの口からジャンジャン吐き出されている。

あれが気持ち良いとは、聞いていたが、
この気持ち良さ、言葉では伝わらない。

私だって、入って見なければ、こんなに良い!!!とは言えないもの。

こんなに水風呂が気持ち良いと思ったのも初めてだ。

水風呂の前にあるお風呂が熱々の熱湯風呂に近くて、
最初は熱すぎて入れないのだが、サウナの後の水風呂ももちろん良いが、
水風呂と熱々風呂を行ったり来たりするもの、めちゃくちゃ気持ち良かった。

そうそう、付け足す情報とすると、その水風呂も熱々風呂も
浴槽が深いのがまた良いのだ。

夫が、「近所にあんな銭湯があったらたまらないなー」

とこれまでも何度も言っていたのが、よくわかった。

ご興味ある方、京都に行ったら、ぜひお試しを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。