承認の力

相互セッションを長くやらせてもらっているコーチ仲間が何人かいる。

同志でもあるし、コーチでもあり、クライアントでもある。

長い人は2年以上のおつきあいで、私の「親密性」は喜び、癒しスポットにもなっている。

その一人とのセッション。

確か昨年の年末か今年の年初だった。

私がクライアントで色々お話させてもらい、ほぼセッションを締めくくる時間のこと。

その方が言った。

「Maiさんは、すごく進んでいる。前進していますよ。」

しかも
「私の中では、前進している人の筆頭です。」

えー-、何が??どこが??
何を思ってそんなこと言うの??

そう思い、そう言いながら、私はもう号泣していた。

コーチングセッションでは、コーチはクライアントを承認する。応援する。

これって、基本の姿勢で、みんながやることだ。

だから、この「進んでますよ。前進してますよ。」という言葉は
割とよく聞かれるように思う。

ある意味、応援常套句ではあるのだが、
その時の私は号泣。

だって、その人は、お世辞や上っ面や、努めて出したものではなく、本当に心から素で放ってくれた言葉であることが、ちゃんとわかるから。

「えー、どこが?何が?」

その気持ちは変わらない。

それでも、自分ではそう思えなくても、信じられなくても、
その人はそう思い、そう信じてくれている。

それだけで、嬉しくて嬉しくて、涙があふれた。

自分ではわからなくなって迷子になりっぱなしのようだけど、
それでも信じて進んでいいのかなって
これでいいのかなって力をもらえたのだ。

この時のことは、数か月経った今でも思い出すと、涙が出てくる。

誰かが、自分を信じてくれている。承認してくれている。

どれだけ力強いパワーがあるんだろう。

「承認をする」って小さなことからできることはたくさんある。

自分自身にも他人にも。

ただ、それも本当の軸となるところに触れられた時、
その力は底知れない。

それを思い知った体験だった。

そして、何よりは、こんな風に自分の味方となってくれる人がいてくれること、
なんてありがたいんだろうなーと感謝するばかりである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。