ひとり時間と寂しさ

少し前に勝間和代さんがメルマガで
「ひとりがいいけど、ぼっちは寂しい」というようなことを書いていた。

ブンブンうなづく私。

同意する人、結構いるんじゃないかな。

そしてそんな自分をわがままに感じてしまう。

だから余計にややこしい気持ちになる。

私は一人の時間がとても大切だけれども、
かと言って、独りでは本当には楽しめない。

ただただ気が休まる。

その本当に心から気を休めるということが、独りでないとできないから必要なのだ。

一方で誰かといることで、心がテンションが上がるし、満たされる。

これも間違いなくそうで。

もともと、本屋やカフェでひとりで過ごしたり、映画を一人で観に行ったり、
そういう時間がとても好きだ。

でも、寂しくもなる。

最近は、ひとりカラオケなども行ってみている。

これ、やりたかったことの一つで、やっとそれがやれたことは嬉しい。

でも楽しいか?と聞かれると、うーん、どうかなー。。。という感じでもある。

誰かと一緒にいることで、楽しめて、満たされて、刺激も受けて、良いことはいっぱいあるけど、
一方で疲れてしまって、それが続くと、誰にも会う元気がなくなる。

単に体力、気力、エネルギーチャージの問題なのだろうか。

なんかそれだけでもない気がする。

良い落としどころ、まだまだ考えていきたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。