信頼関係について今一度考える

信頼関係について、考えている。

最近ちょっと、信頼関係があったと思っていたのが、
ガラガラと崩れたと感じたことがあったからだ。

信頼関係って関係というだけに、自分と相手あっての双方向のものだ。

いくら自分があると思っていたって、相手がどう思っているかはわからない。

「信頼関係が築けたから」とか「信頼関係があるからできる」とか言うことってあるけど、
思った以上にそれって脆いものに感じる。

物事には絶対なんて存在しないし、そんなこと言っていたら何もできないかもしれない。

すると、で???って話になってしまう。

今言えることは、

信頼関係とは信頼し信頼されるお互いの関係で、
信頼することは自分発信の能動的な事で、される方は相手次第なのでコントロールすることはできない。

であるならば、自分にできることはあくまで相手を信頼すること、信頼しきること。

できることは、それだけだ。

それなくしては、信頼関係のスタートが切れない。

そして、終点は委ねるだけ。

私は
「人を、相手のありのままを信じる。信頼する。」

そういう人でありたい。

ということは、その前の出発点に

「自分のありのままを信じる、信頼する。」

そこがあってこそ。

結局、またそこに戻ってきてしまったな(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。