try

コーダ あいのうた」という映画を観た。

家族のみんなが、ろうあ者の中、ただひとり健聴者の主人公の少女が、
家族の愛としがらみに葛藤しながらも、音楽、歌の才能を開花させていく。

とてもいい映画だったのだが、中でも私の心に残った場面があった。

映画のストーリーとは関係なく響いた。

コーラスの先生が主人公に問う場面。

「君は歌を歌う時、どんな気持ちがするんだい?」

「どう言ったらいいかわからない」と答える彼女。

それに対して先生はひと言 "try"と言う。

訳では「表現してみて」だったのかよく覚えてないし、
そもそも私は英語が聞き取れるわけではない。

tryがあまりに簡単な単語だったので聞き取れた訳だけど、
とにかくその言葉がわたしにはとても響いた。

この自分の中にある感情を言葉に出来ない、上手く伝えられないってたくさんある。

コーチングにおいては、特に。

その時にかけてあげる言葉がtryというのが、あまりにもフィットすると思ったのだ。

普段、私はどんな風に声をかけるだろう。

「何か言葉にできるかな?できそう?」

何か促してあげたくて言葉を発する。

でも、何か回りくどくて、いらぬ思いが纏わりついてしまう感じがある。

トライ。「試してみて」日本語ではどうもうまく響かない。

勇気を持って!やってみて!

チャンスに挑む大袈裟なことではない、
でも、その言葉に含まれる励まし、エールがとても素敵だと思った。

今、これに当たる表現は見つけられないけど、
自分自身にはかけてあげることはできる。

「try」良い言葉だな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。