脱ぎたい「正しさ」

私はずっと「正しくあろう」と生きてきた。それが「正しい」と信じていたから。

今は「正しい」って何?って思う。

いや、今になってという訳ではない。

この事にはずっと前から気づいていた。

それでもずっと「正しくあろう」とする私。

そして、ようやくその正しさから外れたいと、そう、その段階にきた。その段階にきたのは確か。

それでも正しくあろうとする自分の引力はあまりにも強い。ずーっと生まれてこの方と言って良いほど、そうやってきたのだから、あまりにも染みつきすぎている。

例えば、5年目に入るダンス。

出来るようになりたいという気持ちが非常に強い。

そして、趣味でやっているものなのに、出来ない出来ない、と楽しいという感情に思いっきり浸るということが難しい。

習った通り、教わった通り出来ることが正しくて、その正しさに程遠い自分が不甲斐ないのだ。

このような、ほんのほんの小さな例が山ほど私の日常の中にある。

その「正しさ」から脱して自由になりたい。

私の行きたい場所である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。