まいちゃんと呼んで

子供のころからずっと「まいちゃん」と呼ばれていた。

正確には「まえちゃん」だったのだけど(今も家族や一部友人にはそう呼ばれている)
いつからか「まいちゃん」に。

大人になった今は「まいさん」と呼ばれることの方が大半になった。

はじめて「まいさん」て呼ばれた時は、異様に違和感があって、
でも年下の子はその方が呼びやすいんだなぁと受け入れた。

そして、今は当たり前のようになっている。

急に思い立ち、コーチングコミュニティで

良かったら「まいちゃん」と呼んで下さい!

と投稿してみた。

なんか今更のようで勇気がいったけど、でもやってみた。
言いたくなった。

名前を呼ばれるって私にとって、
幸せを感じられるとっても大切なことだとずっと思っていた。

私の名前は「まえ」でも「まい」でもないのだけれど、
ずっと呼ばれているこの愛称がとっても気に入っている。

大人になって「まいちゃんて呼んで下さい」とは、なんか言いづらくなって、
ただ、「まい」と呼んで下さい、と言っていた。

「まいさん」も、ちゃんと「まい」って呼んでもらっている。

それで十分だと思っていた。

そんな中最近、よく接する仲間の中に「さちこさん」から「さっちゃん」に変えた子がいて、
その子の名前を呼ぶたびに、私自身がそれまで以上にとっても親しみが湧くのを感じた。

呼ばれる側だけじゃなくて、呼ぶ方もなんか嬉しくなるんだな。

そう思ったら、私の奥の方にあった「まいちゃん」願望が急に浮上してきて、投稿してしまったのである。

みんなが投稿に応えて「まいちゃん」とよんでくれる。

自分で言っておきながら、いざ呼んでもらうと恥ずかしいような照れ臭いような気持ちにもなる。
他では、いつも呼ばれる名前なのに。
でもやはり嬉しい。

私が幸せを感じられる大切なこと。

「さん」と「ちゃん」

小さな違いだけど、でもこの小さな違いが私に及ぼすものは大きく違う。

呼ばれ方なんてどうだって、自分の幸せは感じられるかもしれない。

でも、今の私はこういうことがとっても大切なんだ。

こういうことを疎かにしないことが。

「まいちゃんと呼んで」

言えて良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。