11歳のお手!!

今日は愛犬ダンクの11歳の誕生日。

東日本大震災の2日後に生まれたダンク。

お腹の中で怖かったかな。

人間でいえば、もう60歳になるようだ。

そんな老犬のダンクに、最近になって急に「お手」を仕込みだした私。

ダンクにこれまで教えたのは、
「お座り」「伏せ」「待て」ご飯の食べて良しの「どうぞ」だけだった。

「お座り」「伏せ」はまあ、するにはするけれども、二つが混同して、
お座りなのか伏せなのか、いまいち動作と言葉が噛み合わないことも多い(笑)

とにかく何か食べるものを、もらうことにだけは忠実で、その時のお行儀の良いことったらない。

「お手」はあまり仕込み意味がわからなかったので、これまで何もしなかったのだが、
先日、知り合いの犬が上手に「お手」「おかわり」「万歳」をやっているのを見たら、
異様に可愛くて、ダンクにもやってもらいたくなってしまったのである。

夫は、「今さらやらんだろー」とは言っていたが、
やろうと思うと、私は結構こういうのをがんばる。

ネットで仕込み方を調べ、書いてあった通り、無理強いせず、
手をうまく上げてくれた瞬間に「お手」の言葉を被せる。

そして少し慣れてきたら、ご飯前にやらせるようにすると、
あらまー、ちゃんとできるようになってきた!

食べ物のためなら、ダンクもなんだってやるんだよねー。

脳は決して衰えるだけではなく、鍛えればちゃんと進化するという。

そして、報酬があると喜んで伸びていく。

ダンクの吸収力に励まされる思いだ。

老犬だって「お手」「おかわり」できるようになるんだ!!

私もダンクを見習って精進しよー。

そしてダンクはいつまでも元気でいてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。