言語化の壁

「考えることは書くことなんだよ」以前そう私に言った人がいた。

「考えてるってただ頭の中で悶々とさせていてもそれは考えてることじゃない。
書いてはじめて書いていることになる」

その人はそのように言ったが、要は、言語化する事が考えることだと言いたかったんだろう。

それは話すことでもいいかもしれない。

とにかく言葉になる前の頭の中の状態は「考え」と呼べるフェーズにまで上がってはいない、ということ。

そして「スピードが大切」とも言った。

ゆっくり書いた、考えながらあーだこーだ筆を修正しながらの文章というのは、とかくつまらないんだと。

それを私は、今実感している。

NLP講座での課題、10分プレゼンのために原稿を作ってみているのだが、なんだかわからないまま、頭の中にある何かを書き出すことで始めてみた。

そしてウンウン唸りながら、なんとか形にした。

なんだかつまらない。確かにつまらない。

でもスピードを出して書けるって、どういうこと?

スピードを出して書ける内容ならイケルってことかな。。

この話を聞いてから、結構経つのだけれど、私の中ではまだ腹落ちしてない。

やってみないことには、身体で感じないことにはなのだろう。。

一朝一夕にできることではないんだろうな。。

あー--、どうしよう。プレゼンは目の前。

ナーバス状態が続く私。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。