ゆるカフェインフリー生活をしてみて

昨年から、ゆるいカフェインフリー生活を試みている。

自分をカフェイン中毒と思ったことはない。


ただアルコールや砂糖ほどではないかもしれないが、
できればない方がいいのかなーと気になっていたのだった。

大抵のことは習慣からくる。

コーヒーは、もともとはそこまで好きなものではなかったが、
気がつけば、ほぼ毎日飲むようになっていた。

そうすると、コーヒーがないと口寂しくなるし、
ちょっと環境が変わって、コーヒーがない時に
あー、コーヒー飲みたい!って思うようになっていた。

完全に断つのは、どうも気が引けたので、
まずはコーヒーをデカフェを買うことにした。

それと紅茶もデカフェ、あとハーブティー。

私はコーヒーも紅茶もミルクを入れたものが好きなので、
カフェインというより、そのミルキーな飲み物が欲しいのだと思う。

普通のコーヒーも今もあって、夫は通常普通のカフェインコーヒーを飲む。

なので、休日など、たまに私も一緒に飲んだりはするし、
外出先でもコーヒー、紅茶を飲んだりする。

あまり、厳しくはせず、ゆるいくらいでいいかなーと思っている。

そうしてみて、思うこと。

そこまで意識した訳でもなかったのだが、最近は私は紅茶が増えた。
デカフェ紅茶。

コーヒーはウチは豆を挽いて淹れる。


忙しい朝などは、ティーバックで淹れられる紅茶の方が手軽なので、
一旦その習慣になると、豆を挽くのがちょっと億劫に感じるようになったのだ。

習慣的にそうなると、以前ほどコーヒーをどうしてもと欲しなくなる。

カフェインが激減しての体調はそれほどはわからない。

ただ、普通のカフェインコーヒーを飲んだ時に、たまにだが、
低血糖っぽい症状に見舞われることがある。

これは以前からもあったかもしれないが、
どちらかというとより敏感になったような気もする。

アルコールもあまり飲まなくなると、
身体が以前より応えるようになる。

それと似たような感じがする。

はっきりとカフェインを減らしたから、どうだとは結局のところ、
言いきれないのだが、身体の変化って実は微妙なもので、
意識できるほどではないが、実は以前より良い、
という程度のことが多いのではないかと思っている。

こんな程度の経過報告でしかないのだが、
それでもなんとなく良い気がする。

そう思っているのは確かだ。

この「なんとなく良い気がする」
これが塵積もることが大切なのかなーと
今後もこのまま続けてみる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。