年末の入院騒動

姉が急性虫垂炎で入院した。

昨夜の夜中の話。

姉夫婦は、東京と京都の二重生活だったのを京都に比重を移すことになり、
昨日は東京にちょうど一時的に戻っていたのだった。

義兄は京都。

夜中、連絡が入っていたのを私は全く気付かず、
今朝も早くからコーチングセッションが入っていたので、確認は大幅に遅れた。

私がようやく連絡を取れた時には、すでに落ち着いて、
後は薬で抑えるか手術するか、今後の方針を決める段階になっていた。

東京姉宅はウチの近所で、入院先も歩いても行かれる距離なったのは幸いだ。

コロナ禍のため、面会は出来ないが、必要な入院道具を届けることはできる。

姉から必要なものを聞き、買い物をしたり、姉宅へ荷物を取りに行ったりと
今日は奔走することになった。

なんだかんだヘトヘトにはなったが、こういう時に思い出す言葉がある。

「人のお世話ができるってありがたいことじゃない。
それはあなたが健康だから出来ることなのよ。」

以前、私が気づけば義理の家族や友人の看病に当たってばかりいると
こぼした時に母が言った言葉だ。

これを聞いて心から確かに!と思った。

自分が元気だからこそ担えることなのだ。

もちろん、今日の出来事は疲れはしたが、
姉のために役に立てたことはとても嬉しいし、こぼしたいことでは全くない。

そんなことより、年末のこんな時に入院騒動で、
姉たちは年末年始に恒例の温泉旅行が待っている状態なので、
どうなるかヤキモキするくらいだ。

命に別状がある話ではないのが、何よりありがたいことではあるが、
こんな時期にというのは不憫でならない。

健康の大切さを思い知らされる年越しとなる。

今は姉が無事、落ち着いて年末年始を温泉でゆっくり過ごせることを、祈ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です