母との時間

昨日、母から体調が悪いので、病院に一緒に行ってほしいと、連絡があった。

左目が霞み、目の奥にも痛みがあり、元々ある目眩やふらつきも酷くなっているらしい。

何より脳卒中ではないかと心配を大きくしていた。

今日はガン検診の予約があったが、急遽キャンセルを入れ、付添ってきた。

診察の結果、脳卒中の可能性は低いようだが、
日を改めて、眼科で詳しい検査を受け、念のためMRIを撮った上で、
来週、再診察を受けることとなった。

母はこれまでの経緯の中で、もう10年くらい東京女子医大でお世話になっており、
主治医の先生をとても信頼している。

今日は、診察前はとても弱気で不安そうな母だったが、
とにかく脳の問題はあまりないらしいという事を聞いて、だいぶ安心したようで、
終わった後は見違えるように元気になった。

お昼ご飯をちょっと豪勢な焼肉ランチにし、
よく食べ、よく話し、そして、その後、百貨店で買い物まで一緒にした。

気持ちの影響、不安があることの大きさを
年をとった母を見て、顕著に感じる。

今回も入院のことまで頭に入れて、
家の中を片づけたり、入院の際の持ち物確認までしていたようだ。

普段は元気で活動的な母であるが、これまでも今日のように具合の悪さを訴えたり、
酷い時は救急車騒ぎもあり、その度私もビックリさせられるが、
結果、いつも大事には至らずホッと肩を撫でおろす。

そしてその度、実は不安な思いを抱えているんだな、と母の思いに気づかされる。

親子というのは、親にとってはいつまでも子供は子供で、
一方、子供にとっても、年をとった親を感じつつも
それでもどうしても、元気な親でいる印象の方が強い。
いや、ただそう思いたいということなだけなのかもしれない。

今、母と過ごせる時間、ただその今を
大切にしていこう、
こんな日に改めて思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です