思い切って自分を癒す

今日は昼間の時間を完全オフにして平和島にある天然温泉に行ってきた。

先日、たまたま平和島にあるトンデモというトランポリンができるアクティビティの話を聞き、
気になって調べたときに、この天然温泉の存在に行き当たった。

お風呂にサウナに岩盤浴、それに読書コーナーでたっぷり漫画が読めるという触れ込みに、
無性に行きたくてたまらなくなってしまった。

調べたら7時間コースで2,000円。

ここで1日たっぷり過ごせるぞ!とチャンスを狙っていたのだった。

とはいえ、実は「全てを手放して、休む」
これを実践するのは案外難しい。

先日、仲間たちと

「来年はどんな風に過ごしたい?」

という話になった時、みんなが口を揃えて、
「ちゃんとリラックスする時間を持つ」とか
「メリハリをつける」とか同じようなことを言っていた。

みんながそれぞれ目標に向かって一生懸命、しかも楽しそうに行動している姿が
私にはいつも眩しくてたまらない。

それでも、私と同じように思っているんだなーと、
人はみんな同じように悩んでいるものなんだなと聞きながら、ぼんやり思っていた。

この天然温泉に行く!というのも息巻いていたようには言ったが、
昨日予約を取る時には、ホントに行っていいのか?という意味不明な謎の声に
何だかわからない謎の勇気を奮ってポチッたのだった。

結果、今満喫して帰途につく途中。

堪らない時間でいくらでもいたい、帰りたくない、
という未だ後ろ髪引かれ状態である。

とにかくやりたいと少しでも思ったことは、無理にでも強行する。

大袈裟のようだが、本当にいつもこれは大切な必要なことだと思う。

そうでもしないと自分のために時間を作れない。

あー、なんて悲しいんだ。

いや、そうしながら、少しずつ自然に、当たり前に出来るようになる。

自分を本当に大切にするための練習をしているのだろう。

さあ、次はいつまた行こうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です