やっぱり貝が好き

週末、久しぶりに夫とお寿司屋さんへ行った。

私たちの定番は、まずは貝刺し多めのお造りからスタート。

二人ともいつからか貝類が大好きなのである。

「そういえば、いつからこんなに貝が好きになったんだろうねー?」

私は、そもそも子供の頃は、食べられない物の方が多かったんじゃないかというくらい
好き嫌いだらけだった。

でもいつからだろう。

何でも食べられるようになった。

たぶん高校卒業とか20歳とか、そのくらいからな気がする。

好き嫌いがなくなって、何でも食べれるようになってから、
何が一番好き?っていう質問に
その頃にはもう割と何でも好きだから、今度は答えられない自分を知った。

好物の食べ物って何?

そして20代のある時だった気がする。
(ある時がいつどんな時だったかは不明。。)

私、牡蠣だわー。
私の好きな食べ物は牡蠣!

そう言いだした。
なんかそれは覚えている。

だからたぶん牡蠣から始まったのだと思う。

そして、思い出したことがもうひとつ。

私たち夫婦が結婚を決め、結婚式の夫側の主賓に、
当時の彼の上司にご出席をお願いした時のことだ。

とても品の良い、紳士なその上司は、
「それならば、結婚式の前に奥様となる方もご一緒に一度お食事をしましょう。」

当時の彼の勤務先の近くにあった
ローストビーフで有名な鎌倉山のランチにご招待下さった。

はじめての彼の上司との顔合わせに私はめちゃくちゃ緊張していたし、
どんなお店だったかとか、話した内容とか、諸々
ほとんど覚えていない。

覚えているのは、彼の仕事の太鼓判を押して下さったこと、
それと、なんと前菜に出た北寄貝なのだ。
(ちなみにロースビーフやその他は全く覚えていない)

ああいうある緊張を伴う場で、食べたものを覚えてるって私としては相当スゴイ。

他にもこれまで、このような状況って何度とある。

でも他すべてにおいて、高価な美味しいお食事をせっかく頂いたとしても
心が味わっている余裕などなく、何を食べたんだか覚えてない。

でもなぜかあの時の北寄貝前菜が非常に美味しかったことだけは
強烈に焼き付いた。

とにかくあの日以来、私は北寄貝に魅せられ、
海鮮のお店やお寿司屋さんなどでは、進んで注文するようになった。

そうして気がつけば、今では貝全般が好きだ。

久しぶりのお寿司屋さんで、貝に始まり、
お寿司を堪能させて頂いた。

そして貝好き談から
夫とそんな若かりし頃の思い出まで懐かしみながら
なんともほっこり心温まる時間となったのでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です