身に着けた癖

今日は、定期的に通っている骨盤矯正の先生のところへ行ってきた。

骨盤のゆがみは以前から指摘され、姿勢や座り方、歩き方など
気をつけてはいるものの、やはり行く度に、何らかの歪みが生じている。

今まで生きてきた時間だけ身に着けてきた癖というのは
簡単に手放せないということを痛感させられる。

そして、今は膝に痛みが出てくるという状態。

今日はまた身体の使い方についてレクチャーを受けた。


私は酷くはないけれど、軽いO脚ではある。

足の内側の筋肉を使えず、
どうしても外側に引っ張られてしまう。

踵とふくらはぎを使って、真っ直ぐ重心を上に引き上げながら、
膝を合わせる。
そして膝と腰の力を抜く。

そう聞いても、
膝、腰に力が入るし、逆に力を抜くと膝が開いてしまう。

使ったことがないものをどう使ったらいいのか、
身体がわからない。

これって思考と同じだよな、と思う。

この考え方が違う、もっとこっちの考え方にと思っても、
どうしても普段の考え方に戻ってしまって、
そこからどうやって、自分の思考から離れたらよいかわからなくなるってよくある。

生きてきた時間の重さ、自分を作り上げてきたもの、
それは大切だけど、たまにどこかに負担をかけて痛みを生じる。

この骨格矯正に通うようになって、これまでの人生で身に着けた癖の根強さを
思い知らされている。

痛みに気づき、改善するべく、わからないながらも
身体が覚えていくのを根気強く辛抱強く取り組んでいくしかない。

それにしても、ちょっとでも身体に痛みがあるというのは
それだけでQOLが下がる。

別に生活に支障が出るほどの痛みではない。
やろうと思えばなんだって出来る。

それでもだ。

毎日、いや一生付き合う身体だ。

今日、教えてもらったことを注意しつつ
なんとか改善に向かいますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です