1分メモで快眠

以前もどこかで書いたが「ゼロ秒思考」を読んで、
1分メモを4か月ほど続けている。

A4用紙にタイトルと日付を書き、1分で4,5行ほどダーっと書き出す。

それを1日10枚やると、思考の整理、言語化のトレーニングが進むと言う。

続けていると言っても、正直これで合っているのかわからないし、
相当適当な気もする。

タイトルも書きはするが、それに沿っていない内容になってしまうこともあるし、
そもそも、どうタイトル付けしたら良いかわからなくて、とりあえずタイトルだったりもするし。

一日の中で分散してやろうと思いつつも、結局夜にまとめて10枚を書くことがほとんど。

上手くいっているのか、どうなのか、これまたどうもピンとは来てはいないのだが、
それでも最近なんとなく思うことがある。

私はやるのは、いつも夜お風呂も入り、全て終わってベッドの上での一息つく時間。

最後の一仕事という感じでもあるのだが、それなりに習慣にもなってきていて、
半分振り返り日記に近い状態でもある。

その日あったモヤモヤや、感謝したいこと、気になることを書き出す。

1分じゃ終わらないとタイトルは「続き」になったりもする。

無理くり書いている感も十分あるが、それでも書いていくと、
ふと、あっそうかと落ちてくることもあったり、
モヤモヤイライラもふわっと和らいでいることがほとんどだ。

寝る前に10枚の宿題を残しているのが、一時期は負担に感じ、
がんばって日中に少し進めたりもしていたが、結局戻ってしまった。

とはいえ最近は、
10枚があっという間に終わってしまうことが多くなってきた。

そうして、なんだかスッキリと眠りにつく。

1分で10枚、実質は10分ほど。

侮るなかれ、1分メモ。

思考、言語化のトレーニングとしては、私にはどう効いているかはわからないが、
まずは良い快眠剤として、今後も続けてみようと思っている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です