まるっと

よく、カウンセリングは問題や過去に焦点を当て、マイナスからゼロに持っていくもの、
コーチングは目標や未来に焦点を当て、ゼロからプラスに持っていくもの
そんな風に表現したりする。


ザックリと簡単に説明するもので、別にこれが正解ではないとは思う。

それだけじゃないよという記事も多く出ていると思う。

分断して考えた方が確かにわかりやすい。
でも人間はどちらかだけでなく、どちらも併せ持つ。

最近はまずはマイナスにいるものをゼロに持っていく大切さを感じてはいるが、
だからと言って、プラス部分に相当するもの、
現実的なタスク、問題解決、目標、そういったものだって
全部置いておいていい訳ではない。

それはそれでないとつまらないし、
生活に覇気が出ない。

自分がどちらにいるのか。

マイナスかプラスかという表現も
それはそれであるかもしれないが、なんか気が進まない。

地下にある根の部分か、地上の木の部分かでもいいかもしれない。

とにかくそのどちらにいるか目を向けつつ、
健康な自分の木の管理をしていきたい。

そして、人に対してもそのどちらかと分断することなく
まるっと全体として目を向けられる私でありたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です