循環するエネルギー

滝

私はエネルギーを出し惜しむとずっと思っている。
物事に対して何かと自分の時間が奪われるような感覚。

体力がないから温存しておきたい。
疲れて動けなくなったらイヤだ。

何かやる前にそういう意味で構えてしまう。

自分がやりたいことをやっていないということ?

そんな疑問を自分に向ける。

昨日、そんなことを仲間に話した時に

「エネルギーは循環するもの」という言葉を聞いて、
ハッとして、あっ、そうだった、と思い出した。

お金と一緒でよくそういう風に言われるものだ。

なのに私は出し惜しむ。それは循環しないから、私のエネルギーは尽きていく。

循環させる人になりたい。

惜しみなく循環させる人。

そのためにできることは、自分をエネルギー漏れを防ぎ、チャージされることを増やしていくことだ。

そういうと、そうしているつもりだけどなーとも思う。

でも、今一度立ち返ろう。
だって出し惜しんでいると感じているのだから。

エネルギーを循環させるイメージを持つこと。
そしてエネルギーが漏れている状態に気がつくこと。
自分にダメ出ししたり、実は無理したりしている小さなこと、
そういう状態に気がつくことでもエネルギー漏れを防ぐことになると言う。

自分のタンクを満たすことから、やっぱり始めよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です