何にもしたくない時に

読書

ここ数日、なんとも気怠くあまりやる気が出なかったので、
無理せず過ごすようにしていた。

そうした時に、私がしているのは読むことだった。
最近は、何かを読む時に
途中で気になった言葉や、思ったことを書き留めたりと
読むだけにしないようにとしていたのだが、
そんなこともやめて、ひたすら読みたいものを読んでいた。

小説だったり、エッセイだったり、メルマガ的な記事だったり。

何にもしたくない時にしてしまうこと。

ただただ、何かしら自分が心地良いと感じる情報を浴びること。

そういう情報を頭に入れて巡らしているだけでそれでいい。
何を考えているというわけでもない。

それが私にとっては至福の時間なのだなとつくづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です