ゆるいチャレンジ振り返り

fruit

昨日少し書いたが、カフェインレス生活にチャレンジしようと思っている。
ただこういうこと、今までにもやっているので、自分がやっていることを振り返って見ようと思う。

どれも適当ながら、健康のために食事で気をつけていること。

◆パン食を減らす。
グルテンフリーまでは行かなくても、小麦を少し減らしたかった。
そこで子供の頃から習慣の朝食のパンをどう置き換えるかが課題となった。
数年前、お正月明けの七草粥からの流れで、まずはお粥にしてみることが上手くいった。
その後たまたまテレビでスーパーフードのキヌアを扱った特集で
キヌア粥というのが目につき、お米のお粥からキヌア粥に変更。
これがなかなか気に入り、長らく朝食の定番となった。

◆ファスティング
それが今年の春、仲間内で16時間断食が話題になり、実践者の話を聞き、
俄然やる気になってしまった。
そして最近は、長らく続いたキヌア粥も終了。
夫も上手いこと巻き込まれてくれて、朝食を手放すに至った。
16時間いつも厳密に守れている訳ではないが、緩く継続中。
今後はどうなるかはまだわからない。

◆カゼインフリー
小麦減らしを実践し始めたころ、グルテンとともにカゼイン問題も耳にし気になり
牛乳をどう手放すかを考えた。
実は、私は以前胃痛に悩まされ、牛乳がその時いつも私の胃の味方でいてくれて
命の水とまで思っていた。
牛乳単体で飲むことは、胃が改善した後はあまりなかったが、それでも
コーヒー、紅茶はミルクたっぷりで飲むのが好きだった。
ブラックコーヒーやストレートティーには興味がないと言っていい。
(これは今後のカフェインレスの課題にも繋がる。)

当時の私としては、結構勇気を持って、
牛乳を豆乳やアーモンドミルクへの置き換えてみた。
実際やってみたらさほど大変問題なく今に至る。
チーズは料理でたまに使うけど、これは大目に見ている。

◆シュガーフリー
以前の仕事で糖質悪を叩きこまれたので、家には砂糖は置かなくなった。
ただ砂糖の代わりに糖を吸収しないというラカント甘味料は使用。
みりんやめんつゆや、ポン酢など、その辺りは目をつぶっている。
ただドレッシングや二杯酢などは自分で合わせておいておくようにしている。

お菓子類は基本買わず家には置かないが、カフェ通いが増えた最近は、
ついついマフィンなどのスイーツを一緒に注文してしまう。
こういうところが最近まさに緩んでいるのだが、どう見直せるかは弱気ながら、、考えていきたい。


ざっとこんなところか。
比較的うまくいっているのはカゼインフリー。
でもこれもカフェではラテをそのままミルクで飲んだりもしているので完全ではない。
どれもやはり中途半端だ。
16時間断食もフライングしてしまうこともままあるし、
低血糖っぽくなることもあるので、これが自分にいいのかまだわからない。

ただ今やっていることを書き出して見つめて、
さてさて、これはこれで良しとしようか。
結構色々やってるじゃん!と自分を褒めてあげよう。

何事も完璧を求めるとキツイし、つまらなくなる。
この試していることを楽しめばいいだろう。

そうやってカフェインレスも試してみようかな。
こう自分に助走をつけるための振り返りなのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です